相続方法の決定(単純承認・限定承認・相続放棄)

相続人は、被相続人(亡くなれた方)が残した相続財産を、どのように相続するか選択する事ができます。
選択方法は、以下の単純承認・限定承認・相続放棄の3種類です。

単純承認とは

単純承認とは、相続財産と負債を無条件・無制限に全て引き継ぐ方法です。

相続人が自ら単純承認した場合だけではなく、下記の場合には単純承認したことになります(法定単純承認と言います)。

■ 相続人が、相続財産の全部又は一部を処分したとき
■ 相続人が相続開始を知った時から3ヶ月以内に限定承認又は放棄をしなかったとき
■ 相続人が、限定承認又は放棄をした後でも、相続財産の全部若しくは一部を隠匿し、私的にこれを消費し、又は悪意でこれを財産目録に記載しなかったとき

限定承認とは

プラスの財産もあるが、マイナスの財産もあり、どちらが多いか分からない場合があります。
この場合、プラス財産の限度でマイナス財産の相続をするのが「限定承認」です。

マイナーな手続きですが、使い方によってはとてもメリットがあります。
梅谷事務所の地元の裁判所では1年に1件、あるかないかの取り扱いレベルです。

メリットとして一番大きいのは、借金の責任を逃れながら、自宅を維持できることです。
限定承認の手続きや流れについての詳細は「限定承認とその手続き」をご覧下さい。 

相続放棄とは

相続が開始されたからといって、誰もが喜んで被相続人の財産を相続するとは限りません。

1.相続財産といっても借金の方が多い、
2.相続財産をもらわなくても生活できるし、それより相続争いに巻き込まれたくない、
などという場合があります。

この場合に、選択できる方法が「相続放棄」です。
相続放棄の手続きや流れについての詳細は「相続放棄」をご覧下さい。

3ヶ月の熟慮期間

相続人には、どのような相続をするか上記の3つの選択肢があります。
そして、どの選択をするか考える期間が設けられています。

この期間を熟慮期間と言い「相続開始から3ヶ月間」あります。
3ヶ月の期間が設けられている理由は、被相続人が亡くなった後、葬儀などが重なることで落ち着いて相続について考えることが出来るようになるのは、四十九日が終わってから、という方も多いためとされています。

この3ヶ月の期間中に、相続財産を全て調査する必要があります。

プラス財産やマイナス財産がそれぞれどの程度あるのかを把握しなければなりません。

しかし財産が思いのほか多く、財産調査に時間がかかってしまい、3ヶ月を過ぎてしまうことも少なくありません。
そういう場合には、家庭裁判所に期間伸長を求めることが出来ます。

なお、この3ヶ月の考え方ですが「被相続人が死亡して」からではありません。
「自分が相続人であることを知ったとき」から3ヶ月です。
この辺りは、相続放棄との兼ね合いで非常に重要になってきます。
詳しくは「相続放棄 熟慮期間の伸長」をご覧下さい。


相続、遺言、不動産登記でお困りの方は、梅谷事務所にご相談下さい! 初回専用 0120-555-406