生前測量

生前測量は相続対策としての充分な効果を発揮する場合があるので掲載をしておきます。 

生前に土地の測量を行うことにより相続対策になる場合があります。
相続対策にその効果を発揮するのは、遺産相続時にその土地を『物納用として使う場合』や、遺産相続後に『すぐに売却を考えている場合』などです。

生前測量による相続対策 

それは以下のような理由があるからです。 

・隣接する土地との境界線を確定させることで、『物納適確財産』となる
・隣接する土地との境界線を確定させることで、『売却適確財産』となる 

境界線が不明確な土地は物納用として認められませんし、売却するにも後々のトラブルが予測されることから買い手がつきにくくなります。
そこで、測量を行い隣接する土地との境界線を確定させることで物納・売却ともに、しやすい状態にすることができるのです。 

生前測量による相続税対策

・生前に測量することで相続財産を減らすことができる(相続税の減税効果が期待できる) 

土地の測量には数十万円~数百万円(手続の複雑さで大きく変わります)と、思った以上の費用がかかります。 

被相続人の死亡前に、『被相続人の負担で』測量を行っておけば、相続財産を減らすことができます。
相続財産が少なくなれば、当然のことながら相続税の額も低くなります。 

このような理由から、生前の測量はメリットがあると考えられます。

土地家屋調査士業務に関して詳しくこちら


相続、遺言、不動産登記でお困りの方は、梅谷事務所にご相談下さい! 初回専用 0120-555-406