私が亡くなった後、今の妻が生活に困らないようにしておきたいです。

相談内容

「私には、20年以上前に離婚した妻との間に子供がいます。
その後、再婚し、今は後妻と二人暮らしです。
二人の財産はほとんどが私名義なので、私が亡くなった後、今の妻が生活に困らないようにしておきたいです。」

結果

公正証書遺言を作成し、梅谷事務所にて遺言執行者に就任いたしました。

コメント

相談者様がこのままお亡くなりになると、相続人は、「前妻との間のお子様」と「後妻様」のお二人です。
財産を相続にするにしても、そのお子様を探し出して、連絡を取り、会いに行って、事情を話し、理解していただいたうえで、書類に署名押印を頂く必要があります。
また、署名押印を頂く書類は膨大です。

相談者様は「お子様の連絡先すら知らない」と仰っていました。
一人残された後妻様が苦労されるのは容易に想像が出来ます。

公正証書遺言を作成しておけば、こういった苦労をしなくて済みます。
また、遺言執行者を定めておくことで、細かな相続手続きはすべて執行者が代わりにやってくれますので、なお安心です。

 

相続、遺言、不動産登記でお困りの方は、梅谷事務所にご相談下さい! 初回専用 0120-555-406