被相続人の財産が全く不明で困っているのですが…

相談内容

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、3人姉弟の1番年長の姉です。一番下の弟が亡くなりました。

弟は、生涯独身で、最近は全く付き合いがありませんでした。
先週、突然、交通事故に遭い、亡くなったと警察より連絡がありました。

弟自身が財産を管理していたため、
姉弟である私達には、弟の財産、負債がいくらあるか全くわかりません。

弟の自宅を探してみましたが、通帳など貴重品は何もありませんでした。

知人から、多額の財産があった場合、相続税の申告を、
借金があった場合、3ヶ月以内に相続放棄をしないといけないと聞きました。

このような場合、私達はどうしたらよいのでしょうか?

結果

相続人の皆様から、遺産承継手続きの依頼を受け、亡弟様の財産調査を行いました。

調査の結果、不動産、預貯金、証券等が存在し、借金はありませんでした。
多額の財産があったため、相続税がかかることも判明しました。

そのため、預貯金の解約、不動産の名義変更、相続税の申告をおこないました。

コメント

普段付き合いがなく、独身の方が、突然、亡くなられた場合、
相続人の皆様には、被相続人にどれだけ財産と借金があるのかわかりません。

このような場合、当事務所では市区町村、金融機関、信用情報機関等に調査依頼をかけて、
亡くなられた方の財産と借金をお調べ致します。

その結果を、財産目録にまとめ、相続人の皆様に提示させて頂き、その後の手続きを進めていきます。
仮に負債がある場合は、3ヶ月以内に相続放棄をする必要があるため、こういったケースの場合、
早めに専門家にご相談されることをおすすめいたします。

相続、遺言、不動産登記でお困りの方は、梅谷事務所にご相談下さい! 初回専用 0120-555-406