建設業許可取得後、毎年の決算変更届を出したい

相談内容

建設業許可を取ったのですが、毎年決算変更届を出さなければなりません。
その手続きをお願いできますか?

結果

決算変更届の作成をし、無事提出することができました。

コメント

建設業の許可を取得した場合には、許可を得た行政庁に対して毎年決算を報告しなければなりません。
毎年の届出が必要なのは、行政庁が業者の1年間の工事実績を把握し、さらには取引の相手方が財務や工事の状況を把握できるようにするためです。

決算変更届の提出時期は、事業年度の終了から4か月以内です。
通常、事業年度が終了してから約2か月後に税務署へ決算申告を行いますが、この申告が終了すれば、その申告書を元に決算変更届を作成します。
ですので、実質2か月程度の間に決算変更届で提出する書類を作成・提出しなければなりません。

また、決算変更届は建設業許可の更新ができるかどうかにも関わってきます。
というのも、最初の許可を受けてから5年後に許可更新をしようとする場合には、行政庁にまず決算変更届が5年間継続して出されているかをチェックされるからです。
もちろん、1年でも抜けていれば許可更新ができませんので、更新の申請をする前に抜けている年の決算変更届を作成・提出しなければなりません。
いざ更新をしようとした場合に、決算変更届の抜けが発覚すれば、更新自体ができなくなるおそれもあります。
また、決算変更届が出されていないと、罰則の対象にもなりえます。
ですので、建設業許可を取得した場合には、必ず毎年の決算変更届を忘れないようにしてください。

届け出る書類の内容は以下の通りです。

①1年間の工事経歴書②直前3年の各事業年度における工事施工金額③財務諸表(貸借対照表、損益計算書、完成工事原価報告書、株主資本等変動計算書、注記表)④事業報告書⑤納税証明書

梅谷事務所では、許可を取得した業者の決算変更届の提出時期を管理しており、適時にご連絡もしています。

相続、遺言、不動産登記でお困りの方は、梅谷事務所にご相談下さい! 初回専用 0120-555-406