疎遠な姉が亡くなりました。相続放棄をしたいのですが、家財道具などはどうしたら良いでしょうか?

相談内容

「これまで20年間疎遠になっていた姉が亡くなりました。
姉がこれまでどのような生活をしていたのか全然分かりません。
姉の事を少し知っている方から、亡くなった姉は「会社の同僚の連帯保証人になっているかもしれない」という話を聞きました。
財産の状況が全然分かりませんし、負債を背負うのも嫌なので何か方法はないでしょうか?
また、姉が残していた家財道具など、今後どのようにしていけば良いでしょうか?」

結果

ご相談者の両親、ご相談者ともに相続放棄をすることが出来ました。
また、残った家財道具などの管理のため、相続財産管理人の選任申立を行いました。

コメント

今回のように、関係性が疎遠なために、亡くなった方が生前どのような生活をしていたのか不明なケースはよくあります。

相続すべきか放棄すべきかの判断は難しいのですが、多くの方は「相続してしまった後で借金が出てきたら困るし、関わるのが不安だから」と仰って相続放棄を選択されます。

今回も、亡くなったお姉さまのご両親が相続放棄をされ、その後ご相談者が相続放棄されました。

ただ、相続放棄をしても、法律上、家財道具などは、次の管理者が現れるまで管理し続けなければなりません。

そこで、今回、家庭裁判所に相続財産管理人の選任申立を行いました。
管理人は、読んで字のごとく相続財産を管理する人です。
管理人が選ばれれば、相続財産の管理を任せることが出来ます。

 

相続、遺言、不動産登記でお困りの方は、梅谷事務所にご相談下さい! 初回専用 0120-555-406