専門学校卒の経歴で建設業許可は取れますか?

相談内容

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「建設業許可を取りたいのですが、国家資格は持っていません。専門学校を卒業しているのですが、許可は取れるでしょうか?

結果

 

専門学校卒業の経歴+3年の実務経験+「専門士」という称号があることを証明し、無事許可を取ることができました。

コメント

建設業許可を取るためには、専任技術者という、いわば工事のプロがいなければなりません。
専任技術者として認められるためには、①指定学科修了者+一定期間の実務経験(+称号)、②10年以上の実務経験、③一定の国家資格者(一級土木施工管理技士など)のいずれかでなければなりません。

今回のお客様の場合は、②と③には該当しないため、①に該当するかがポイントでした。

以下、実際に①に該当するかを確認していく流れになります。

まず、卒業した専門学校の学科が、許可を希望する業種の「指定学科」に含まれているのかを確認します。
例えば、建築工事業を取得したい場合には「建築学」又は「都市工学」に関する学科になります。

次に、何年の実務経験があるのかを確認します。
5年の実務経験があればこの時点で専任技術者の資格要件を満たすことになります。

仮に実務経験が3年しかない場合には、さらに専門学校の卒業証明書によって「専門士」や「高度専門士」という称号が与えられているかを確認します。
今回のお客様はここまで来て初めて資格要件を満たすことがわかりました。

まとめますと、専門学校の卒業によって資格要件を満たすことを証明するためには、

ア.専門学校の指定学科を卒業+5年の実務経験
イ.専門学校の指定学科を卒業+3年の実務経験+専門士であること

のどちらかの証明が必要になります。

そのためには、専門学校の卒業証明書を取得し、一定期間の実務経験を証明するために過去の工事の請求書等を準備する必要があります。

資格がないからと言って簡単に許可が取れないと諦めるのではなく、卒業した学校や実務経験によって要件を満たすことができるかもしれませんので、一度相談をしてみていただければと思います。

相続、遺言、不動産登記でお困りの方は、梅谷事務所にご相談下さい! 初回専用 0120-555-406