成年後見人の交代は可能ですか?

相談内容

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「私は兄の成年後見人に就任しています。ですが、私自身も高齢になっており、体調もすぐれないため成年後見人を続けることが難しく感じています。私に代って兄の成年後見人をお願いすることはできますか?」

結果

家庭裁判所に成年後見人の辞任及び当職を成年後見人候補者とする選任申立をし、成年後見人を交代しました。

コメント

成年後見人を辞任するには正当な事由があり、かつ、家庭裁判所の許可を得る必要があります。

正当な事由とは、例えば病気や高齢、遠隔地への転居などが考えられます。

そして、成年後見人が辞任しても、成年被後見人に成年後見人が必要な状況に変わりがなければ、新たに成年後見人を選任する必要があります。

今回のケースですと、相談者様がご高齢で体調もすぐれないという事情が正当な事由にあたると家庭裁判所に判断され、辞任することができました。

また、相談者様から当職への成年後見人候補者の依頼があったため、当職を成年後見人候補者とする申立をし、当職が後任の成年後見人に選任され、無事、相談者様と成年後見人を交代することができました。

ただし、当職を成年後見人候補者として申立を行っても選任するのはあくまでも家庭裁判所であるため、かならずしも当職が成年後見人になれるとは限りません。

相続、遺言、不動産登記でお困りの方は、梅谷事務所にご相談下さい! 初回専用 0120-555-406