亡くなった母の自宅の名義が、その前に亡くなった姉の名義のままなんです…

相談内容

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「この度、母が亡くなりました。
母の自宅を整理していたところ、家の名義が、5年前に亡くなった姉のままになっていました。
この家は、姉が、母と一緒に住むために購入したものでした。
姉は一度結婚しましたが、子供がおらず、その後離婚をして母と一緒に住んでいました。
家族の中で、誰も住む予定がありませんので、処分を考えていますが、どうすれば良いでしょうか?」

結果

不動産の名義を、お姉様から相談者様に相続登記により変更することができました。

コメント

不動産の処分(売却等)をする場合、亡くなった方の名義のまま手続きを行うことは出来ませんので、一旦相続人の名義に登記をする必要があります。

相続登記は、亡くなった方(被相続人)の相続人の名義に変更するのが原則ですが、数次相続の場合、限定的・例外的に、中間の相続登記を省略して、その次の相続人の名義に変更をする登記をすることが出来ます。

数次相続とは、被相続人の名義を変更する前にその相続人が亡くなってしまい、第2,第3の相続が発生したような場合をいいます。

このとき、中間の相続が単独相続である場合に限り、一度の申請で直接名義変更をすることが出来ます。

中間の相続が単独相続であることは、もともと相続人が一人であった場合だけでなく、遺産分割協議相続放棄により単独となった場合も含まれます。

今回は、お姉様の相続人がお母様お一人であったため、直接お母様の相続人である相談者様に名義を変更することが出来ました。

相続、遺言、不動産登記でお困りの方は、梅谷事務所にご相談下さい! 初回専用 0120-555-406