亡くなった叔父の不動産の相続手続きをしたい

相談内容

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「三年前に亡くなった叔父の不動産について、叔父の奥さんと話し合って、名義変更の手続きを進めることになりました。
叔父の不動産は、自宅と祖父から受け継いだ田・畑・山林です。
叔父夫婦には子供がいないため、相続の手続きは、どのように進めればよいでしょうか。」

結果

遺産分割協議書を作成して、相続登記により、自宅は奥様にその他の不動産は相談者様に名義変更をすることができました。

コメント

一般的に、子供のいない夫婦の相続は、手続きの内容が難しくなる場合が多いです。

その理由としては、相続関係者が多くなること必要書類が多くなること、が挙げられます。
また、親族関係が疎遠な場合や、相続人が遠方にお住まいの場合も、考えられます。

このような場合は、簡単に手続きを進めることができず、最悪の場合は、手続自体がストップしてしまうこともあります。

今回ご相談のケースでは、相談者様と叔父様の奥様で話し合いをすることができ、その他の相続人様とも話し合いをすることができたため、比較的スムーズに手続きを進めることができました。

遺産分割協議書の内容についてもアドバイスさせて頂き、残された奥様の生活を守るために自宅の名義は奥様が、先祖から受け継いだ田・畑・山林は相談者様が相続をされることになりました。

また、亡くなった叔父様のお兄様が、相談者様のお父様であり、叔父様より先にお亡くなりになっていたため、相談者様に直接名義変更をすることができました。

相続、遺言、不動産登記でお困りの方は、梅谷事務所にご相談下さい! 初回専用 0120-555-406