特に資格などは持っていませんが、産業廃棄物の収集運搬業の許可は取れますか?

相談内容

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「建設業をしていますが、知り合いの建設業者から建物の解体等で出た産業廃棄物を処理場へ運搬してくれないかと頼まれました。現在資格などは持っていないのですが、私でも許可を取ることができますか?」

結果

産廃の講習会へ参加していただいた後、必要書類を収集・作成して許可申請し、無事許可を取得することができました。

コメント

産業廃棄物の収集運搬業許可の要件は下記の通りです。

①収集運搬するために必要な施設を有すること
 産廃を適正に運搬できる車両や容器を有している必要があります。
 車両は許可を受ける人に使用権原があることが必要になります。本人名義の車両があれば車検証の写しを提出することで権限が明らかになります。
 他方、車両を借りている場合には、賃貸借契約書をつける等により使用権原を明らかにしていきます。

②経理的基礎を有すること
 直前3年分の納税状況や現在の資産などから、業務を継続して行えるかを総合的に判断されます。

③収集運搬課程の講習会を修了していること
 業務を行う知識や能力を有している必要があるので、講習会を受講した修了証をもってそれを証明します。
 講習会は兵庫県に限ると年に3回程しか開催されていないため、事前にチェックしてスケジュールを立てることが肝心です。

④欠格要件に該当しないこと
 法人の場合は役員、株主など、個人の場合には事業主について、成年被後見人などになっていないか、禁固以上の刑を受けていないかなどを調査されます。

 今回のお客様は、建設業を営んでおり、その仕事上産廃の許可が必要になりました。
 最初にご相談に来られた際には講習会も受講されておらず、まったくゼロからのスタートでした。

 幸い翌月末に講習会があったので、すぐに受講していただくことができ、比較的スムーズに申請まで進むことができました。
 講習会は産廃の収集運搬課程ですと、平日に連続して2日間かけての受講が必要になるため、お仕事をしながらでは時間を確保するのが難しい面があります。
 ですが、前述した通り、講習会は兵庫県では年3回程しかないため、一度受講の機会を逃すと許可取得までの期間が数か月遅くなってしまいます。

 申請までのスケジュールは面談をする際に相談をして決定し、できる限り迅速に手続きをするように心がけております。
 申請書類の収集や作成は梅谷事務所が行いますので、講習の受講以外はお客様に動いていただくことはほとんどありません。
 事務所からの聞き取りへの回答や、車検証の写しのご用意などをしていただく必要はありますが、ご負担をかけずに手続きを進めていきます。

 全く知識のないゼロからのスタートでも、制度の説明や申請の内容等をきっちりお話して手続きを進めてまいりますので、安心してご相談ください。

 

 

相続、遺言、不動産登記でお困りの方は、梅谷事務所にご相談下さい! 初回専用 0120-555-406