解決事例

認知症の叔母の相続手続きを行いたいのですが・・・

相談内容                     「叔母の夫が亡くなりました。しかし、叔母は認知症で施設に入所しています。叔母の施設費用が亡夫の通帳からの引落しになっているみたいですが、通帳の残高が少ない状態です。きちんと相続手続きをし、叔母が安心して生活できるようにしたい
続きを読む >>

登記されている名前が違うのですが

  相談内容                   「亡くなった祖父から不動産を相続することになりました。早速、名義を変えようとして法務局で登記簿をとったところ、登記されている祖父の名前が一文字違う名前で登記がされていました。このまま相続登記を進めることはできますか。」
続きを読む >>

会社の機関構成を変えたいのですが。

相談内容                     「この度、長年会社を支えてくれていた創業メンバー(役員)が相次いで退職することになりました。現在取締役3名、監査役1名の状態です。代表取締役である私自身も高齢のため、1~2年をめどに長男に事業承継するつもりです。また、新しい
続きを読む >>

就労支援A型事業所を運営していますが、この度運営規程の内容に変更が生じました。どのような手続きが必要でしょうか?

相談内容                     「就労支援A型事業所を運営していますが、この度運営規程の内容に変更が生じました。どのような手続きが必要でしょうか?」 結果 変更内容を確認し、変更届等の県に提出する書類を作成して届出を行いました。 コメント 指定申請
続きを読む >>

複数人で成年後見人になれるのでしょうか?

相談内容                     「妻が認知症のため財産管理が難しくなっています。夫である私が成年後見人になり財産管理を行いたいのですが、私自身高齢であるため、いつまで成年後見人として動けるか不安です。娘が私の後任になってもいいと言ってくれていますがどのよう
続きを読む >>

要らない農地を処分したい

  相談内容 「亡くなった父から兄と共に相続した農地ですが、私は県外に住んでおり、地元に帰る予定もありませんので、兄に引き取ってもらうことになりました。 ですが、農地の処分は難しいとお聞きしましたので、どのように行えばいいかご相談したいです。」 結果 無事に、相談者様のご意向通りに名義変更の手続きを完了させることが出来ました。 コメント 一般的に、農地を処分する
続きを読む >>

地域でボランティア活動を行っています。法人を設立したいのですが、どういった形態の法人がよいでしょうか?

相談内容                     「地域で有志を募って、ボランティアで様々な活動を行っています。この度、活動を支援して下さっている企業から法人になってほしいと言われました。そこで、法人を設立したいのですが、どういった形態の法人がいいでしょうか?」 結果
続きを読む >>

個人事業主から法人化をすると同時に建設業許可も取得したいのですが。

相談内容                     「長年個人事業主として電気工事を行ってきました。この度、法人化をすると同時に建設業許可も取得したいのですが。」 結果 法人設立後、建設業許可申請を行い、無事に許可を取得することができました。 コメント 個人事業主の場
続きを読む >>

多額の預貯金を所有している夫の成年後見人に妻がなれますか?

相談内容                   「夫が、認知症を患い、自分で財産管理ができなくなりました。 成年後見制度を利用して、きちんと夫の財産を管理していきたいと思っています。 夫婦でありますので妻の私が成年後見人候補者で手続きをしようと思います。 夫は多額の預貯金を所有し
続きを読む >>

公正証書遺言による相続手続きは可能でしょうか?

相談内容 「元夫が、公正証書遺言を残して亡くなりました。 遺言の内容は「自宅及び預貯金を息子に相続させる」というものでした。 元夫には、私との間に息子がおりますが、現在未成年です。 また、その他の相続人として、先妻との間の成人した娘がいます。 息子に代わって、私が手続きをすることは可能でしょうか。」 結果 無事に、相談者様からのご依頼により、相続手続きを完了させることが出
続きを読む >>

<< 前の記事を見る 次の記事を見る >>
相続、遺言、不動産登記でお困りの方は、梅谷事務所にご相談下さい! 初回専用 0120-555-406