委託者が亡くなったらどうすれば良いですか?

委託者が亡くなったとしても、家族信託・民事信託は当然に終了しません
信託をした場合、信託財産は相続財産の対象から外れるためです。

余談ですが、信託財産とは別の「委託者としての地位」というものも相続の対象にはなりません(信託法147条)。
少しややこしいのですが、このあたりは法律特有の考え方です。
法律的には「信託財産」と「委託者としての地位」を別の概念として捉えることが出来てしまうから、このような規定があるのだと思います。

まとめると、委託者が亡くなったとしても「信託財産」も「委託者としての地位」も両方とも相続の対象にならず相続は発生しない、ということです。
つまり、委託者が亡くなったとしても、特に何もすることがない(信託は終了しない)のが家族信託・民事信託の考え方です

委託者が亡くなっても信託は終了しませんが、逆に「委託者が亡くなったら信託を終了させたい」というニーズもあるかと思います。
そのような場合は、信託契約の中にそのような条項を入れておけば大丈夫です。
このような条項を入れておけば、委託者が亡くなったら信託を終了させることは出来ます。

 


相続、遺言、不動産登記でお困りの方は、梅谷事務所にご相談下さい! 初回専用 0120-555-406