「委託者」とは何ですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

委託者とは、受託者に財産を託す人です。

上図の真ん中の人です。

 

資格

委託者に資格はなく誰でも自由になれます。
但し、信託は契約ですので契約能力は必要です。
具体的には、認知症等で判断力がなくなってしまっていては委託者にはなれません。
また、未成年者も要注意です。
遺言をする場合15歳以上と決まっています。
遺言信託をする場合や、信託の中に遺言的な要素が含まれている場合はこの制限に引っかかってしまいます。

権限

受託者同様、委託者の権限も契約内容によって様々です。
一般的には、財産を託した後、受託者の監督を行うような機能を持ちます。
例えば、受託者を解任したり、受託者が欠ければ次の受託者を選んだりします。

 


相続、遺言、不動産登記でお困りの方は、梅谷事務所にご相談下さい! 初回専用 0120-555-406