委託者が認知症になったら信託契約を発動させることは出来ますか?

理論上は可能ですがお勧めしません。

条件を付け信託契約を作ることは可能です。
ただ「認知症になったら」という条件は非常に曖昧です。

認知症になったかどうかというのは、恐らく医師の診断によると思われます。
医師の診断は、あえて自分から診断を受けなければなりません。
しかし、何らかの理由で診断を受けなければ、いつまでたっても契約は発動しないことになります。

実際、判断力が低下した事実というのは、本人にとってなかなか受け入れがたいものです。
そのため、医師の診断を拒む方も少なくありません。

それよりも、信託契約をすぐに発動させ、委託者が元気なうちから受託者に財産管理等を託すほうが良いのではないでしょうか。

そうすることで、委託者は受託者の働き具合を見ることが出来ます。また、受託者は委託者からきちんと指示を出してもらう事が出来、不安なく財産管理を行うことが出来ます。

元気なうちから財産管理等を託せ、仮に判断力が低下してもそのまま託し続けることが出来るのが、家族信託のメリットだと思います。

 


相続、遺言、不動産登記でお困りの方は、梅谷事務所にご相談下さい! 初回専用 0120-555-406