分筆・合筆

土地を分筆するとは登記簿上の1個の土地を登記簿上複数の土地にすることをいいます。
また、これとは逆に複数の土地を合わせる場合を合筆といいます。 

現地で、見かけ上は塀があったりして2つの土地と思えても、登記簿上は1個の土地である場合もあれば、見かけ上は、1個の土地でも登記簿上は複数の土地であることがあります。
このように見かけ上の現況と登記簿上は異なっていることはよくあります。 

分筆や合筆が必要になるのは、下記のようなケースが考えられます。

・相続で遺産分割協議をする前提での分筆
・相続税を物納でする前提での分筆
・所有する土地の一部を贈与するため
・一部を売却するための分筆
                 など

分筆登記をするには測量が必要となりますし、境界を確定した上での分筆となりますので、専門家の関与が必要となります。 

土地分筆登記は当事務所にお任せ下さい。

分筆測量とは

分筆測量とは、1筆(いっぴつ)の土地を2筆(にひつ)以上の土地に区画して利用しようとする時に、その区画線を入れるための測量です。

手続きの流れ

1.ご相談・受託

ご相談に当たっては、土地の登記簿謄本図面公図等、お手持ちの書類があれば、スムーズに進めることができます。
初回のご相談は、無料で承っております。

事前の概算見積もりは、事案により方向性が大きく変わりますので、ご提示できません。

2.現地の事前調査

調査資料をもとに、現地調査を行い、現状を確認します。

3.ご近所の方(隣接地所有者)との現地立会

現地にて、境界が接している土地の所有者と境界(筆界)の確認をします。
筆界確認書を作成し、署名・捺印を頂戴します。

4.測量

現地において、各種測量を行います。

5.測量データの照合

測量データと官公署のデータを照合します。

6.役所と協議・立会

関係役所と協議、各種証明書発行の申請、担当部署と現地立会を行います。

7.境界標の設置

周囲の境界が確定すれば、境界標を埋没、設置します。

8.測量成果を法務局へ提出

確定した土地の図面を法務局に収めます。
具体的には、地積測量図を作成し、地積更生の登記を行います。

10.完了

必要書類

委任状

土地家屋調査士への登記申請に関する委任状です。
法人の場合には資格証明書(代表者事項証明書)も必要です。

地積測量図

土地家屋調査士が作成します。ご署名・捺印をいただきます。

接する土地が民有地の場合は筆界確認書

境界が接する土地所有者との境界(筆界)を確認した確認書です。

接する土地が官公庁所有の場合

官民有地境界協定書等を添付することになります。

土地家屋調査士業務に関して詳しくこちら


相続、遺言、不動産登記でお困りの方は、梅谷事務所にご相談下さい! 初回専用 0120-555-406
ご相談者様からの声