建物表題登記・建物表題変更登記

建物を新築された場合、または増築されるなどの変更があった場合、不動産登記の表題部の申請が必要になります。

 

建物表題登記(建物表題変更登記)申請の必要書類について

◆①~⑥など、所有権を書する書面が2つ以上、必要です。

 ①建築確認済証・・・施工会社から受け取る書類

 ②工事完了引渡証明書・・・※証明者の印鑑証明書等添付

 ③検査済証・・・完了検査を受けられた方

 ④建物所有権証明書(2名が証明)・・・※証明者2名の印鑑証明書添付

 ⑤敷地所有者の証明書・・・※証明者の印鑑証明書添付

 ⑥相続証明書・・・相続開始後は必要です。※証明者の印鑑証明書添付

 

◆その他、ご準備いただきたい書類

 ・建物の登記名義人の住民票など

 

手続きの流れ

1.ご相談・受託

初回のご相談は、無料で承っております。
既に建物の新築(または増築)の工事が完了している場合、工事の時の書類をお持ちいただければスムーズに進めることができます。

2.工事が完了した建物の資料等をお借りします。

3.法務局や役所から資料を集めます。

建物が建っている敷地の資料や同地上の建物の資料などです。

4.現地調査

現地に伺い、新築(または増築)後の建物の種類や構造、形状や配置などの現地調査や測量をします。

5.目的に合った手続きを進める。

現地調査の結果をもとに、手続きの方針を決め、目的に合った手続きを進めます。

6.必要書類を法務局に提出

登記に必要な書類を作成し、法務局に提出します。

7.登記完了証の発行

登記が完了すれば、登記完了証が発行されます。

8.法務局から書類の返却

法務局から還付書類が返却されます。

 

土地家屋調査士業務に関して詳しくこちら


相続、遺言、不動産登記でお困りの方は、梅谷事務所にご相談下さい! 初回専用 0120-555-406
ご相談者様からの声