成年被後見人が相続人になったのですが・・・

事案

当職が成年後見監督人となっている成年後見人の方から相談がありました。

成年被後見人であるA様の親族B様がお亡くなりになられました。

相続人調査の結果、A様も相続人に該当することとなりました。

しかし、A様は、亡くなられたB様と全く面識がなく、相続が発生して初めて親族であることが判明しました。

成年後見人の方より、『A様には十分な財産があるため、相続しなくてもいいようにできませんか?』とのご相談がありました。

結果

家庭裁判所と協議の上、成年被後見人は何も相続しない旨の遺産分割協議を行いました。

コメント

成年被後見人に相続が発生した場合、成年被後見人の権利を保護する必要性から、原則として法定相続分の確保をする必要があります。

しかし、成年被後見人を取り巻く環境によっては、成年被後見人の法定相続分を下回る遺産分割協議を行うケースも存在します。

そういった場合、事前に家庭裁判所と十分な協議を行った上、遺産分割の内容を検討していくことになります。

今回のケースではA様の財産状況や亡くなられた方との関係性から、A様は何も相続しない旨の遺産分割をすることができました。

しかし、あくまで成年被後見人が相続人の場合は法定相続分を確保することが原則となりますので、ケースごとに慎重に判断する必要があります。

後見業務を行う上で、疑義が生じるケースでは家庭裁判所と必ず協議し、業務を進めることが大切になります。

相続、遺言、不動産登記でお困りの方は、梅谷事務所にご相談下さい! 初回専用 0120-555-406
ご相談者様からの声