亡くなった夫の自動車を妻である自分の名義に変更したいのですが。

相談内容

先日、夫が亡くなりました。夫名義の普通自動車があるのですが、妻である自分の名義に変更していただきたいのですが。

結果

相続による名義変更に必要な書類を収集・作成し、管轄の運輸支局へ申請をし、無事名義を変更することができました。

コメント

自動車の所有者が亡くなった場合、その相続人に名義を変更するためには、管轄の運輸支局へ必要書類を揃えて申請をする必要があります。

具体的には、以下の書類が必要となります。

・自動車検査証記入申請書(移転登録申請書)(OCRシート第1号様式)
・手数料納付書(登録印紙の購入窓口で購入)(移転登録は500円)
・被相続人の死亡と相続人全員の関係が分かる戸籍一式(法定相続情報でも可)
 ※原本還付不可
・遺産分割協議書又は遺言
 ※遺言の場合は、被相続人の死亡の分かる戸籍と自動車の相続をする相続人の戸籍
・自動車を相続する相続人の印鑑証明書(発行日から3ヶ月以内のもの)
 ※相続しない相続人の印鑑証明書は不要
 ※原本還付不可
・委任状(相続する方の実印が必要)
・車庫証明書(原本)(使用の本拠の位置が変わる場合)
・車検証
・自動車税・自動車取得税申告書(報告書)

これらの書類を全て揃えなければなりません。

様式は運輸支局に行けば手に入れることができます。

今回のお客様は、普通自動車の所有者だったご主人様がお亡くなりになったことで、奥様であるご自身の名義に変更を希望されていました。

他にも相続人がおられましたが、遺産分割協議書にて奥様の名義に変更することの同意を得て、無事変更をすることができました。

今回は普通自動車の場合でしたが、軽自動車の場合は必要書類が若干異なりますので注意が必要です。

相続が発生した場合、不動産の名義変更や預貯金の解約などに目が行きがちですが、自動車の名義変更も必要な手続きの1つとなりますので、必要とされている方は弊所までご相談いただければと思います。

相続、遺言、不動産登記でお困りの方は、梅谷事務所にご相談下さい! 初回専用 0120-555-406
ご相談者様からの声