成年被後見人に借金があることが判明しました。

事例

当職が成年後見人に就任している方の事例です。
当職が成年後見人に就任してしばらく経った頃、成年被後見人宛の郵便物の中に督促状を発見しました。内容を確認したところ、成年被後見人が以前、消費者金融から借金をしていたことが判明しました。

結果

成年後見人として、任意整理を行い、借金の返済をしました。

コメント

成年後見人は成年被後見人の財産を把握し、適切に管理をしていく必要があります。
そのため、成年後見人に就任後、成年被後見人の財産調査を行います。
しかし、まれに財産調査後にも成年被後見人の財産がひょっこりと出てくることがあります。
それは今回のように借金であることもありますが、預貯金のようにプラスの財産であることもあります。

今回は残念ながら借金があることが判明しました。
発覚した借金について取引の明細を取寄せ内容を確認したところ数年前に支払いをしていることが分かり、時効の援用はできませんでした。
また、一括で返済するには金額が大きかったため、分割で返済する必要がありました。
そこで、成年被後見人の収支を精査し、成年被後見人の生活に影響が出ない返済計画を作成し、請求先と協議をし、将来発生する利息をカットした返済計画で同意することができました。

今回のケースでは、成年被後見人に収入があり、借金の返済をしても生活が困窮することがなかったため、請求先と協議をし、分割で返済していくこととなりましたが、もし、成年被後見人に預金や十分な収入がなければ自己破産をすることを検討する必要もあります。

相続、遺言、不動産登記でお困りの方は、梅谷事務所にご相談下さい! 初回専用 0120-555-406
ご相談者様からの声