解決事例

主人が認知症で、私自身も病気を患っており、将来が不安です。

相談内容 「夫が認知症を患っています。夫の身の回りのことは妻である私がしていますが、私自身、病気を患っているため、いつまで夫の世話をできるかわかりません。また、私自身も今後、自分自身のことができなくなる可能性もあります。私達夫婦には子供がおらず、親族も高齢者が多く、身の回りのことや亡くなった後のことをお願いできる方がいません。こういった場合、どのような対策がありますか?」 結果 ご主人様
続きを読む >>

子供が家の増築をして、一緒に住むことになりました。

相談内容 「この度、娘夫婦が、実家を増築して一緒に住むことになりました。 増築資金は、娘夫婦が出してくれましたが、聞くところによると贈与税がかかってしまうようです。 何とか、贈与税がかからない方法は無いでしょうか? なお、自宅の名義は亡くなった主人から私が相続しており、名義も変更できています。」 結果 税理士さんにご協力していただき、建物の名義を娘夫婦と共有にすることで、贈与
続きを読む >>

取引先と資本業務提携することになったのですが…

事案 先日、取引先から資本業務提携したいとの申し出があり、資本業務提携契約を締結しました。 先方より、増資の登記をする必要があるので、司法書士に相談してくださいと言われました。 具体的には、先方から金500万円の出資を受ける予定となっています。 どういった手続きをする必要がありますか? 結果 募集株式の発行登記手続きを行い、『資本金の額』と『発行済株式の総数』を変更しました。
続きを読む >>

金属くず商をしていますが、氏名と営業場所が変わりました。何か届出などが必要でしょうか?

事案 10年以上前に金属くず商の許可を取得し、営業を行っていますが、この度自分の氏名と営業場所が変わりました。金属くず商を続けるに当たって何か必要な手続きはありますか? 結果 変更届に必要書類を添付して、管轄の警察署の生活安全課に提出し、後日新しい許可証の交付を受けました。 コメント 金属くず商とは、「営業所を設けて金属くずを売買し、若しくは交換し、又は委託を受けて売買し、若しくは交
続きを読む >>

成年被後見人の不動産の売却について

事案 当職が成年後見人になっている方:Aさんの事案です。 Aさんは自宅で生活されており、自宅以外にも不動産をお持ちです。その自宅以外の不動産ですが、更地であるため、定期的な草刈りが必要であったり、ゴミが捨てられたり、自転車が乗り捨てられていたりと色々なことが起こります。また、毎年の固定資産税の支払いや草刈りを業者に依頼するため、毎年ある程度の負担が発生していました。 上記のような状況であ
続きを読む >>

相続人がいない場合、遺言で寄付できますか?

事案 私(男性)は現在67歳独身です。 一昨年、母が亡くなったため、実家に戻り、父と二人で生活することになりました。 父は不動産を所有しており、父が亡くなれば、一人っ子である私が相続することになります。 将来、私が亡くなった場合、不動産を含む遺産は、全て国に帰属することになると友人から聞きました。 もしそうなるのであれば、残った遺産は、社会福祉に関係する団体に寄付したいと考
続きを読む >>

私が住まなくなった後の自宅について相談したい。

相談内容 「5年前に夫に先立たれ、80代後半になり、私自身の終活を考えるようになりました。その中で、夫と建てた自宅を、誰か子供たちに住んでもらいたいと思ってるのですが、子供たちはそれぞれ独立している状態です。そこで、孫のうちの1人が受け継いでくれることになりました。しかし、疎遠になっている息子がいるため、出来れば今のうちに名義を替えておきたいです。」 結果 無事に、贈与によりお祖母様から
続きを読む >>

建設会社の本店を移転したのですが、届出など何かしなければならないことはありますか?

相談内容 「この度、建設会社の本店を移転しました。建設業許可を取得しているのですが、何か届出など必要なことはありますか?」 結果 本店移転登記をした後、管轄の土木事務所建設業課へ営業所の所在地の「変更届」を提出しました。 コメント 建設業許可を取得している会社で本店移転をした場合、必要な手続きは以下の通りです。 ①本店移転登記 ②管轄の土木事務所建設業課への変更届
続きを読む >>

高齢になり、将来、サポートが必要になったときに備えたいのですが・・・

相談内容 「現在、一人暮らしをしています。高齢ではありますが身の回りのことは自分でできています。 今後、どうなるかわからないので、自分でできなくなったときのために備えておこうと考えています。また、自分の死後のことを頼める親族もいないため、死後のことも考えておきたいです。」 結果 将来に渡る総合的なサポートを目的とする当事務所のおひとり様法務サポートをご提案し、契約するに至りまし
続きを読む >>

地元自治会が地縁団体の認可を受けました。

相談内容 「この度、地元自治会が地縁団体の認可を受けました。つきましては、これまで自治会が所有している不動産を、自治会の名義にしたいと思います。現状が把握できていないため、調査からお願いしてもいいでしょうか?」 結果 自治会所有の不動産を調査し、不動産の名義を、自治会の名義にすることが出来ました。 コメント 以前の手続きにもありましたが、不動産登記手続きにおいて、原則、不動産の
続きを読む >>

<< 前の記事を見る 次の記事を見る >>
相続、遺言、不動産登記でお困りの方は、梅谷事務所にご相談下さい! 初回専用 0120-555-406
ご相談者様からの声