解決事例

祖母の不動産を相続放棄したいのですが。

事例 ある日、東北地方の市役所から、封書が届きました。 内容を確認すると、以下のことが書かれていました。 ・母方の祖母名義の不動産がある。 ・相続人として、境界の立会いをしてほしい。 母も亡くなっており、母方の親族とも一切交流がありません。 相続放棄をしたいのですが、可能でしょうか。 結果 相続放棄をすることができました。 コメント 依頼者は、突然、このような通知
続きを読む >>

親からまとまったお金を借りることになったので、契約書を作りたいのですが。

事例 親からまとまったお金を借りることになったので、契約書を作りたいのですが。 結果 金銭消費貸借契約書を作成しました。 コメント お金の貸し借りをする際には、貸した貸していないといったトラブルになることを防ぐためにも、金銭消費貸借契約書を作成しておく必要があります。 これはたとえ親から子へという家族間でも同様に考えるべきです。 そして、金銭消費貸借契約書に書いて
続きを読む >>

成年被後見人を相続人とする相続における利益相反について

事例 当職が父子ともに成年後見人に就任している親子に関する事案です。 成年後見制度を利用するきっかけとなったのは、妻(母(以下「A子さん」と言います))が亡くなったことでした。 A子さんがキーパーソンとして父子の身の回りの世話をしており、そのA子さんが亡くなったことで父子の金銭管理や身上監護が必要となったのです。 また、A子さんの財産について相続手続きが必要になりましたが、父子と
続きを読む >>

遺言執行者に指定されましたが、忙しくて執行することができません。

相談内容 先日、伯母が亡くなりました。 伯母は、公正証書遺言を作成しており、全ての遺産を姪である私と妹に遺す内容になっていました。また、遺言執行者として、私が指定されていました。伯母の遺志を尊重して、遺言を執行していきたいのですが、仕事が忙しいため、一切執行の手続きをすすめることができていません。そういった手続きをお願いすることは可能でしょうか。 結果 遺言執行者である姪の方から、委
続きを読む >>

贈与税がかからないように、弟から姉である私に500万円の建物の名義を移したいのですが。

内容 贈与税がかからないように、弟から姉である私に500万円の建物の名義を移したいのですが。 結果 5年間をかけて、建物の持分を1/5ずつ贈与することで、贈与税がかからないように名義を移すことができました。 コメント 贈与(生前贈与)とは、自分の財産を相手方に無償で与えることを言い、民法で決まっている契約の一つです。 この贈与の対象となる財産は、預貯金でも不動産でもかまいません。
続きを読む >>

成年被後見人死亡後の火葬について

内容 当職が成年後見人に就任している方についての事案です。 その方(以下「Aさん」といいます。)は未婚であり、またご兄弟もいらっしゃらず、身寄りのない方でした。そのため判断能力の低下に伴い、成年後見制度の利用となりました。 その後、当職が成年後見人としてAさんの財産管理を行っていましたが、先日、Aさんの容態が急変し、ご逝去されました。しかし、前述のようにAさんには身寄りがいらっしゃら
続きを読む >>

父母の相続手続きをお願いしたいのですが…

相談内容 先日、母が亡くなりました。 父は、数年前に既に亡くなっています。 母とは、父が亡くなって以来、疎遠になっていたので、母の詳しい財産状況などを把握できていません。自宅の片付けも含めて、相続の手続きをすべてお願いしたいのですが。 結果 債務調査の結果、ご両親には債務等もなかったため、自宅から出てきた書類等を頼りに、相続手続きを進めていき、預貯金の解約手続き、株式の売却及び不
続きを読む >>

未登記建物の売買があったとき何か手続きは必要でしょうか?

相談内容 この度、知人から建物を買ったのですが、その建物は登記されていないそうです。この場合、名義変更の手続きはどうしたらいいでしょうか? 結果 市役所に未登記家屋の所有者変更届を提出しました。 コメント 通常、不動産(土地及び建物)には登記簿が存在します。 この登記簿はその不動産の所有者を公に示すものです。 よって登記簿がある不動産の所有者の名義を変更する場合、
続きを読む >>

10年前に離婚した夫の借金について

相談内容 10年前、夫と離婚しました。 長女(現在:中学3年生)は、私が引取りました。 先日、夫の両親から連絡があり、夫が亡くなったとの連絡がありました。 夫の両親の話によると、夫には住宅ローンやその他たくさんの借金があるとのことでした。 友人に相談すると、『このままでは、長女に借金の請求が来るから、早く相続放棄をした方がいい。」と言われました。 その話を聞いた数日後、債
続きを読む >>

任意後見契約を解約したいのですが・・・

相談内容 現在、私が万が一認知症になったときに備えて、知人に任意後見人になってもらうように任意後見契約を締結しています。 私自身は現在、問題なく生活をしているのですが、知人の体調があまり良くないということを聞きました。 このまま知人との任意後見契約をそのままにして、私が認知症になった場合、知人に負担をかけてしまうのではないかと思い、知人との任意後見契約を解約したほうがいいと考えていま
続きを読む >>

<< 前の記事を見る 次の記事を見る >>
相続、遺言、不動産登記でお困りの方は、梅谷事務所にご相談下さい! 初回専用 0120-555-406
ご相談者様からの声