解決事例

在宅での生活が難しくなってきました。

事例 当職が成年後見人に就任している方(Aさん)の事例です。 Aさんは在宅で福祉サービスを利用しながら生活をされていました。 しかし、体調を崩され、在宅での生活が難しくなってきました。 結果 AさんやAさんの福祉関係者と話し合い、施設入所することとなりました。 コメント 在宅で生活をされている方でも何らかのきっかけで施設入所となります。 今回のケースでは、Aさんは体調を崩
続きを読む >>

夫が他界しました。二女が既に他界している場合、手続きはどうなるのでしょうか?

事例 夫が他界しました。二女が既に他界している場合、手続きはどうなるのでしょうか? 結果 相談者様、長女様、二女のお子様で遺産分割協議を行い、無事に旦那様名義の不動産を相談者様に変更することができました。 コメント 今回の事例のポイントは、 ・二女が既に他界している ・亡くなった二女には、一人息子がいる    です。   この場合、代襲相続に該当します。 代襲相
続きを読む >>

相続の手続きをお願いしたいのですが。

事例 先日、夫が亡くなりました。 夫が亡くなった後の手続きをしないといけないようですが、何から手をつけていいのか見当もつきません。 また、息子が二人いるのですが、二人とも遠方に住んでおり、しかも仕事が忙しいので、中々相談にも乗ってもらえません。 何をどうしたらいいのか、何を依頼できるのか、教えてもらえませんか? 結果 弊所にて、不動産の名義変更(相続登記)、預貯金の解約手続き
続きを読む >>

友人が、私に自動車を遺贈するという公正証書遺言を残していました。

事例 友人が、私に自動車を遺贈するという公正証書遺言を残していました。 結果 今回は公正証書遺言を使って、管轄の運輸支局へ申請をし、無事名義を変更することができました。 コメント 遺贈(遺言による贈与)によって、自動車の名義を変更する場合、受遺者(自動車をもらう人)の住所地を管轄する運輸支局へ行って移転登録の手続きをします。 必要書類を揃えて運輸支局に行けば、当日中に名義変更され
続きを読む >>

相続人がいない成年被後見人が亡くなりました。

事例 当職が成年後見人に就任していた方の事例です。 成年被後見人のAさん(以下「Aさん」といいます)は生涯独身で子どもはおらず、兄弟姉妹もいらっしゃらない方でした。 成年後見の開始申立から当職が関わっていましたが、関与されている親族はAさんのいとこのみでした。 そしてAさんが亡くなられ、当職の成年後見人の業務が終了しました。 結果 相続人調査を行い、相続人が不存在であったため
続きを読む >>

知らない相続人がいたのですが…

事例 先日、父が亡くなりました。 金融機関の相続手続きで、父が生まれてから亡くなるまでの戸籍が必要と言われたので、提出しました。 すると、金融機関から連絡があり、私と妹以外にも相続人がいるので、その方にも相続手続きに協力してもらわないと手続きをすすめることができませんと言われました。 どのように相続手続きをすすめたらよいでしょうか。 結果 相続人全員で、遺産分割協議を行い、相
続きを読む >>

個人事業で建設業許可を取っていましたが、法人成りをしようと思います。どのような手続きが必要でしょうか?

事例 個人事業で建設業許可を取っていましたが、法人成りをしようと思います。どのような手続きが必要でしょうか? 結果 個人事業としての建設業許可の廃業届を提出すると同時に、法人としての建設業許可を申請し、無事に法人としての許可を取得できました。 コメント 個人事業で建設業許可を取っていた方が、売り上げも上がってきたのでそろそろ法人成りをしたいと考えることは多々あります。 この
続きを読む >>

海外から日本にいる伯父の成年後見申立を行いたいのですが・・・

事例 私には認知症の伯父がいます。 今までは私が伯父の身の回りの世話やケアマネージャとのやり取りを行っていました。 しかし、私の仕事の関係上、海外に赴任することとなり、伯父の生活や介護に関わることが難しくなりました。 ケアマネージャにも相談し、伯父のために成年後見人を選任してもらうことに決めました。 結果 成年後見申立を行い、当職が成年後見人に就任しました。 コメント 相
続きを読む >>

遺言作った後、実際に亡くなった場合はどうなりますか?

事例 私は、兄弟も先に亡くなっているから、ずっと昔からお世話になっているのは近所のAさん。 Aさんに遺言で、財産を残そうと思っている。 だけど、遺言を作っても、実際に亡くなったあとはどうなりますか? どうやってAさんに財産が引き継がれますか? 結果 公正証書遺言を作成する際に、遺言執行者として梅谷を指定していただきました。 コメント 遺言執行者とは、遺言者の方が、亡くなっ
続きを読む >>

30年前に住宅ローンを返し終わって抵当権の抹消登記に使う書類を銀行からもらっていたのですが、手続きをするのを忘れていました。

事例 30年前に住宅ローンを返し終わって抵当権の抹消登記に使う書類を銀行からもらっていたのですが、手続きをするのを忘れていました。 結果 当時の書類を使って、抵当権抹消登記申請を行いました。 コメント 住所ローンを組んでお金を借りる際、銀行が担保に取るために、土地や建物には抵当権が設定されます。 そして、年数が経ってローンの返済が終わると、銀行からは抵当権抹消登記に必要な書類を渡
続きを読む >>

<< 前の記事を見る 次の記事を見る >>
相続、遺言、不動産登記でお困りの方は、梅谷事務所にご相談下さい! 初回専用 0120-555-406
ご相談者様からの声