登記

祖父の建物があるのですが、所有権保存登記がされておらず、権利証がありません。

事例 祖父の建物があるのですが、所有権保存登記がされておらず、権利証がありません。 今からでも権利証を作る手続きはできるでしょうか? 結果 所有権保存登記を申請し、権利証(登記識別情報)が出来上がりました。 コメント 建物を建てた際、建物表題登記をしてから所有権保存登記を行うことで、権利証(登記識別情報)が出来上がります。 建物表題登記とは、建物の所在、家屋番号、種類、
続きを読む >>

父が亡くなったのですが、相続人間で不動産をもらう人を別々にしたいです。

事例 父が亡くなったのですが、相続人間で不動産をもらう人を別々にしたいです。 結果 不動産①はAさん、不動産②はBさんというように、不動産毎に別々の相続人の名義に所有権移転登記を行いました。 コメント 亡くなった方(被相続人)が所有していた不動産の名義を相続人の名前に変えるためには、相続登記を行います。 相続登記は、遺言がない場合には相続人の間で遺産分割協議を行い、それに基
続きを読む >>

贈与税がかからないように、弟から姉である私に500万円の建物の名義を移したいのですが。

内容 贈与税がかからないように、弟から姉である私に500万円の建物の名義を移したいのですが。 結果 5年間をかけて、建物の持分を1/5ずつ贈与することで、贈与税がかからないように名義を移すことができました。 コメント 贈与(生前贈与)とは、自分の財産を相手方に無償で与えることを言い、民法で決まっている契約の一つです。 この贈与の対象となる財産は、預貯金でも不動産でもかまいません。
続きを読む >>

未登記建物の売買があったとき何か手続きは必要でしょうか?

相談内容 この度、知人から建物を買ったのですが、その建物は登記されていないそうです。この場合、名義変更の手続きはどうしたらいいでしょうか? 結果 市役所に未登記家屋の所有者変更届を提出しました。 コメント 通常、不動産(土地及び建物)には登記簿が存在します。 この登記簿はその不動産の所有者を公に示すものです。 よって登記簿がある不動産の所有者の名義を変更する場合、
続きを読む >>

山林を相続したのですが、特別な手続きは必要でしょうか?

相談内容 先日、父親が亡くなりました。父親名義の不動産がいくつかあったので相続による名義変更をしたいのですが、不動産の中に山林が見つかりました。特別な手続きは必要でしょうか? 結果 相続による所有権移転登記を行って名義を変更し、さらに管轄の市へ山林を相続したという届出を行いました。 コメント 不動産の所有者が亡くなった場合、亡くなった方(被相続人)が所有していた不動産の名義変更の手続
続きを読む >>

私が持っている土地と建物を、近所のお寺に寄付したいのですが。

相談内容 私は土地と建物を所有していますが、別の場所に引っ越しをしたので、その土地と建物を近所のお寺に寄付したいと考えています。できるでしょうか? 結果 寄付による不動産の所有権移転登記の申請を行い、無事お寺の名義に変更することができました。 コメント 不動産の名義を変更することを、所有権移転と言います。 この所有権移転の原因には色んな種類があります。 例えば、主なものとして
続きを読む >>

公正証書遺言の他に自筆証書遺言が出てきました。

相談内容 義母(亡き夫の母)が生前に公正証書遺言を作成しておりました。義母の死後、公正証書遺言とは別に封印された自筆証書遺言が出てきました。義母が所有していた不動産の名義を変更できますでしょうか。 結果 自筆証書遺言の検認手続きを家庭裁判所で行った後、公正証書遺言による相続登記を行い無事に不動産の名義変更を完了いたしました。 コメント ご相談者様の義母(被相続人)は生前、ご相談者様の
続きを読む >>

家庭裁判所で調停をしたので不動産の相続登記をしてほしいのですが。

内容 相続人間で誰が何を相続するか、家庭裁判所で調停を行ったので、不動産の相続登記をしてほしいのですが。 結果 調停調書を添付して相続登記を行い、無事に名義変更が完了しました。 コメント 相続登記を行う場合、相続人が複数いて、被相続人に遺言がなければ、相続人間で遺産分割協議を行い、誰がどの不動産を相続するのかを決定します。 ただ、もともと相続人間で仲が悪かったり、協議をして
続きを読む >>

韓国籍の父の不動産の名義変更をしたいのですが。

相談内容 家族全員が韓国籍なのですが、先日亡くなった父の不動産の名義を長男である自分名義に変えたいです。 結果 韓国総領事館に死亡申告をし、相続登記に必要な書類を集めて、無事名義変更が完了しました。 コメント 日本に住んでいる外国籍の方の名義になっている日本の不動産を、相続によって名義変更をする場合には、通常の日本人の相続登記の場合との違いに注意する必要があります。 通常の
続きを読む >>

不動産を自分に「遺贈する」という遺言を残して知り合いが亡くなりました。

事案 この度、親族関係にはありませんが、ずっとお世話をしていた方が亡くなりました。その方は生前に遺言を残していて、「全ての不動産を私に包括して遺贈する」という内容になっていました。名義変更はできるでしょうか? 結果 遺言内容の通りに、相談者様への所有権移転登記ができました。 コメント 亡くなった方(被相続人)が遺言を書いていた場合、遺言の内容によって、名義変更をする際の原因が異なりま
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
相続、遺言、不動産登記でお困りの方は、梅谷事務所にご相談下さい! 初回専用 0120-555-406
ご相談者様からの声