相続

父が亡くなったのですが、相続人間で不動産をもらう人を別々にしたいです。

事例 父が亡くなったのですが、相続人間で不動産をもらう人を別々にしたいです。 結果 不動産①はAさん、不動産②はBさんというように、不動産毎に別々の相続人の名義に所有権移転登記を行いました。 コメント 亡くなった方(被相続人)が所有していた不動産の名義を相続人の名前に変えるためには、相続登記を行います。 相続登記は、遺言がない場合には相続人の間で遺産分割協議を行い、それに基
続きを読む >>

遺言執行者に指定されましたが、忙しくて執行することができません。

相談内容 先日、伯母が亡くなりました。 伯母は、公正証書遺言を作成しており、全ての遺産を姪である私と妹に遺す内容になっていました。また、遺言執行者として、私が指定されていました。伯母の遺志を尊重して、遺言を執行していきたいのですが、仕事が忙しいため、一切執行の手続きをすすめることができていません。そういった手続きをお願いすることは可能でしょうか。 結果 遺言執行者である姪の方から、委
続きを読む >>

父母の相続手続きをお願いしたいのですが…

相談内容 先日、母が亡くなりました。 父は、数年前に既に亡くなっています。 母とは、父が亡くなって以来、疎遠になっていたので、母の詳しい財産状況などを把握できていません。自宅の片付けも含めて、相続の手続きをすべてお願いしたいのですが。 結果 債務調査の結果、ご両親には債務等もなかったため、自宅から出てきた書類等を頼りに、相続手続きを進めていき、預貯金の解約手続き、株式の売却及び不
続きを読む >>

山林を相続したのですが、特別な手続きは必要でしょうか?

相談内容 先日、父親が亡くなりました。父親名義の不動産がいくつかあったので相続による名義変更をしたいのですが、不動産の中に山林が見つかりました。特別な手続きは必要でしょうか? 結果 相続による所有権移転登記を行って名義を変更し、さらに管轄の市へ山林を相続したという届出を行いました。 コメント 不動産の所有者が亡くなった場合、亡くなった方(被相続人)が所有していた不動産の名義変更の手続
続きを読む >>

法務局における自筆証書遺言書保管制度を利用した遺言執行

相談内容 当職が遺言執行者に就任している事案です。 ご本人様は、生前、自筆証書遺言を作成し、法務局における自筆証書遺言書保管制度を利用し、自筆証書遺言を法務局に保管されてました。 遺言執行者として、当職が指定されていました。 その後、ご本人様がお亡くなりになられ、法務局より、『遺言書の保管に関する通知』が届きました。 結果 自筆証書遺言の内容に基づいて、遺言執行業務を行い、無事
続きを読む >>

公正証書遺言の他に自筆証書遺言が出てきました。

相談内容 義母(亡き夫の母)が生前に公正証書遺言を作成しておりました。義母の死後、公正証書遺言とは別に封印された自筆証書遺言が出てきました。義母が所有していた不動産の名義を変更できますでしょうか。 結果 自筆証書遺言の検認手続きを家庭裁判所で行った後、公正証書遺言による相続登記を行い無事に不動産の名義変更を完了いたしました。 コメント ご相談者様の義母(被相続人)は生前、ご相談者様の
続きを読む >>

相続手続き後に新たに相続財産が出てきました。

相談内容 当職が成年後見人になっている方(Aさん)のお話です。 Aさんは奥様を亡くされ、相続手続きをする必要がありましたが、認知症のためご自身では手続きができなくなっていました。 そこで、当職が成年後見人となりAさん以外の相続人と遺産分割協議の上、相続手続きを行いました。 相続手続き後、新たにAさんの奥様名義の財産があることが判明しました。 結果 当職が成年後見人として、Aさ
続きを読む >>

家庭裁判所で調停をしたので不動産の相続登記をしてほしいのですが。

内容 相続人間で誰が何を相続するか、家庭裁判所で調停を行ったので、不動産の相続登記をしてほしいのですが。 結果 調停調書を添付して相続登記を行い、無事に名義変更が完了しました。 コメント 相続登記を行う場合、相続人が複数いて、被相続人に遺言がなければ、相続人間で遺産分割協議を行い、誰がどの不動産を相続するのかを決定します。 ただ、もともと相続人間で仲が悪かったり、協議をして
続きを読む >>

音信不通だった母の相続手続きは、どのようにすすめたらよいでしょうか?

相談内容 先日、福祉関係の方から、音信不通だった母が亡くなったとの連絡がありました。 また、母が住んでいた家や母名義の通帳などがそのまま残っているので、相続人として対応してほしいと言われています。 しかし、長年音信不通だったため、母が生前に借金をしていなかったかどうか、とても心配です。 こういった場合、どのように手続きをすすめていったらよいでしょうか? 結果 債務調査を行い、
続きを読む >>

不動産を自分に「遺贈する」という遺言を残して知り合いが亡くなりました。

事案 この度、親族関係にはありませんが、ずっとお世話をしていた方が亡くなりました。その方は生前に遺言を残していて、「全ての不動産を私に包括して遺贈する」という内容になっていました。名義変更はできるでしょうか? 結果 遺言内容の通りに、相談者様への所有権移転登記ができました。 コメント 亡くなった方(被相続人)が遺言を書いていた場合、遺言の内容によって、名義変更をする際の原因が異なりま
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
相続、遺言、不動産登記でお困りの方は、梅谷事務所にご相談下さい! 初回専用 0120-555-406
ご相談者様からの声