信託は遺留分が発生しない?

法律上の解釈としては、遺言書の作成などの場合と異なり、信託契約を結ぶ場合は必ずしも遺留分を考慮する必要がありません。  

「最初の受託者Aが死亡し、信託契約であらかじめ決められていた順通りに第二受益者Bに受益権が引き継がれても、それは相続によるものではなく契約上の規定によるものだから、遺留分の請求対象に当たらない」という考え方です。

しかし、この点については、裁判で前例になるような判決も出ていないため、明確な答えが出ていません。                                            遺留分を全く無視した契約を結んでしまうと、将来的に解釈が変わり、トラブルの種になる可能性がまだ完全には否定できないということです。                           ですので、将来の円滑な相続を願って信託を利用されるのであれば、その目的を果たすためにも、遺留分について考慮に入れたほうが無難といえます。

相続、遺言、不動産登記でお困りの方は、梅谷事務所にご相談下さい! 初回専用 0120-555-406
ご相談者様からの声