「信託目的」とは何ですか?

受託者は、あらかじめ定めておいた一定の目的に従って信託財産の管理運用や処分を行います。

このあらかじめ定められた一定の目的を「信託目的」と呼びます。

信託は財産の管理運用などを行うために結ばれるものですから、そもそも信託目的が定められないまま結ばれた契約は、信託としては無効になります。

相続、遺言、不動産登記でお困りの方は、梅谷事務所にご相談下さい! 初回専用 0120-555-406
ご相談者様からの声