家族信託・民事信託をすると相続税評価額は変わりますか?

 

委託者(所有者)の保有資産が信託財産に入っても、評価額の総額に変更はありません。      ですので、信託を組んでも、相続税上は不利にも有利にもならず、「相続税軽減のために信託を組む」という行為は意味をなしません。

財産を信託財産に入れた場合、その財産は、相続税の評価額計算上では、『所有権』から『信託受益権』に扱いが変わります。しかし、信託受益権の評価額は、通常の財産所有権の評価額と同額で計算されるので、所有権が信託受益権になったとしても、評価額の合計に違いは出ません。          

なお、信託財産になっても、その財産が信託に入る前に受けることができていた財政上の優遇措置などは継続利用できます。

 

相続、遺言、不動産登記でお困りの方は、梅谷事務所にご相談下さい! 初回専用 0120-555-406
ご相談者様からの声