新規法人設立直後で社会保険への加入はまだなのですが、建設業許可は取れますか?

相談内容

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「もともと個人事業主として建設業を行ってきましたが、新しく法人化したのを機に建設業許可を取ろうと思います。もっとも、法人設立直後なので社会保険への加入手続きをしている最中です。この状態でも許可は取れますか?」

結果

社会保険への加入手続きが終わるのを待って、書類が揃ってすぐに許可申請をし、無事許可を取得しました。

コメント

建設業許可にあたっては、原則として社会保険への加入は必須です。
例外として、健康保険・厚生年金保険においては個人事業主で労働者が5人未満の事業所、雇用保険においては労働者が1人もいない事業所は、社会保険への加入は不要になります。

平成24年から、建設業許可申請時に社会保険の加入状況を記載した書類を提出することになりました。
これにより、許可申請時に社会保険の加入確認が厳しくなり、未加入の場合には指導監督処分がなされるおそれがあります。

国土交通省の発表では、社会保険の未加入によって建設業許可がおりないということはないとのことですが、審査を担当する土木事務所によっては、社会保険へ加入するまで審査を保留する場合もあるようです。

ですので、社会保険へ加入する義務がある事業所の場合は、たとえ設立直後であったとしても、加入手続きを終えてから許可申請することがスムーズと思われます。

また、社会保険への加入は、公共工事をする前提として会社の経営状況や規模を点数化する経営事項審査においても、その評価項目の一つとされています。

このように、建設業を行う事業所では、基本的に社会保険への加入は必須だということを理解していただければと思います。

相続、遺言、不動産登記でお困りの方は、梅谷事務所にご相談下さい! 初回専用 0120-555-406