相続放棄をしても、死亡退職金を受け取ることはできますか?

相談内容

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妻が急死しました。
妻の勤務先から、死亡退職金等を遺族に支給したいので、申請手続きをするように言われています。
しかし、生前、妻は、消費者金融などから多額の借金をしていることが判明しました。
このまま、夫として、妻の退職金を受け取る手続きを進めても問題ないでしょうか?

結果

死亡退職金の受給手続きを行うとともに、家庭裁判所に相続放棄の手続きを行い、受理されました。

コメント

 相続放棄をしたからといって、全ての財産を放棄する必要がないケースもあります。
 就業規則等で、特定の遺族が死亡退職金の受取人として指定されている場合には、その受取人は、死亡退職金を相続財産とは別に受け取ることができます。

 多くの会社の就業規則では、退職金支給に関する規定を『労働基準法施行規則第42条から45条までの定め』を準用して支給すると規定されています。
 同規則42条には、請求できる者として、配偶者(事実婚等を含む)、子、父母、孫、祖父母…と定めています。
 このように、就業規則等で死亡退職金の受取人が具体的に定まっている場合は、死亡退職金は受取人固有の財産となり、相続財産には含まれないため、相続放棄をしたとしても受け取ることが可能です。

 なお、被相続人が国家公務員のケースでは、『国家公務員退職手当法』に基づき、特定の遺族に対して死亡退職金が支給されることになりますので、受取人固有の財産として退職金を受け取ることができます。

相続、遺言、不動産登記でお困りの方は、梅谷事務所にご相談下さい! 初回専用 0120-555-406