複数人で成年後見人になれるのでしょうか?

相談内容

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「妻が認知症のため財産管理が難しくなっています。夫である私が成年後見人になり財産管理を行いたいのですが、私自身高齢であるため、いつまで成年後見人として動けるか不安です。娘が私の後任になってもいいと言ってくれていますがどのようにすればいいでしょうか?」

結果

申立書に相談者様の事情を記載した結果、相談者様と娘様が同時に成年後見人に選任されました。

コメント

一般的に成年後見人は一人の成年被後見人に対して一人が選任されるというイメージがあるかもしれません。しかし、法律上、成年後見人の人数については制限がなく、一人の成年被後見人に複数の成年後見人が選任されることがあります。成年後見人の選任は家庭裁判所が行うため、成年被後見人の置かれた状況により、成年後見人が複数選任されることもあります。

今回の相談者様の場合、事情を申立書に記載し家庭裁判所に伝えたところ、家庭裁判所による申立人面談の際に相談者様だけでなく娘様も面談に参加することになりました。

そして、相談者様が高齢ということもあり、娘様にも同時に成年後見人になっていただくというお話になりました。

※家庭裁判所が総合的に判断し、成年後見人の選任をするため複数の成年後見人の就任を希望した場合でも、必ずしも複数の成年後見人が選任されるとは限りません。また、複数の成年後見人が選任される場合でも、親族+専門職(弁護士、司法書士、社会福祉士)という形の選任のされ方になることもあります。

相続、遺言、不動産登記でお困りの方は、梅谷事務所にご相談下さい! 初回専用 0120-555-406