受託者が亡くなったらどうすれば良いですか?

当然ですが人間の命は誰にも分りませんので、受託者が必ずしも長生きするとは限りません。

受託者が亡くなった場合、受託者の権限は受託者の相続人には引き継がれません
「この人だから」という理由で財産を託しているからです。

受託者が亡くなった場合、委託者と受益者が新たな受託者を選びます。

しかし、新たな受託者を選ぶ時点で、委託者や受益者に判断力が残っているとは限りません。
そのため、現実には受託者が亡くなることを想定して、第二、第三の受託者を定めておくことが多いです。
特に、受益者連続型の信託のように、信託期間が長期にわたる場合はこういった対策が必要です。

ちなみに、受託者が空席のまま1年が経過すると信託契約は終了してしまいますので注意が必要です。

 


相続、遺言、不動産登記でお困りの方は、梅谷事務所にご相談下さい! 初回専用 0120-555-406