受益者が亡くなったらどうすればいいですか?

 

受益者は、信託財産から得られる利益を受け取る「受益権」という権利を持っています。

この権利は、相続によって受け継ぐことができますので、                    特に指定のない場合、受益者の相続人が次の受益者として権利を受け取ります。

ですが、これでは結果的には通常の相続に近い形となってしまいます。              せっかく相続人間のトラブルを未然に防ぐために信託制度を利用したのに、結局相続人間の争いが起きてしまう、というおそれがあるのです。

そこで、信託の場合、受益者が亡くなった後の受益権の引継ぎ先を、あらかじめ決めておくことができます。                                           第一受益者は自身の妻,妻が亡くなれば第二の受益者は家業を継いでいる長男で,長男も亡くなれば第三の受益者は家業を手伝っている長男の妻、長男夫妻には子がいないから長男の妻死亡後は次男に                                             …というように、複数の代にわたって自由に受け取り手を指定しておくことも可能です。

相続、遺言、不動産登記でお困りの方は、梅谷事務所にご相談下さい! 初回専用 0120-555-406
ご相談者様からの声