認知症や相続問題で
不安がある方へ

家族信託とは、高齢などにより判断や意思決定が困難になった方の家族が、
財産管理や契約を代わって行えるようにする制度です。

  • 認知症になる前に
    考えておきたい

    認知症になってしまうと、財産管理が非常に困難になります。そうならないように事前に家族信託を利用し、スムーズな財産管理を支援します。

  • 資産凍結されると
    手続きや預貯金ができないので困る

    認知症になってしまうと、定期預金を解約できなくなったり、不動産を売却できなくなったりします。家族信託を利用することで、それらに対する対策を行うことができます。

  • 財産を
    安心して管理したい

    信頼できる家族に財産の管理を任せることが出来ます。

  • 相続を問題なく
    スムーズにしたい

    管理を任せた財産を最終的に誰に引き継いでいくか、遺言のような使い方をすることが出来る。

Case

相談解決事例

Voice

相談者の声