解決事例

NPO法人の目的を変更したいのですが。

相談内容 NPO法人を運営していますが、この度、今まで行っていた事業以外の事業を行う予定ですが、定款や法人の登記の目的にその事業を記載しておりません。何か手続きが必要でしょうか? 結果 定款変更認証申請を県に行い、認証された後に法人の目的変更の登記を行いました。 コメント NPO法人を設立するためには、まずは都道府県の認証が必要になります。 その上で、法人の設立登記を行うこ
続きを読む >>

多額の債務がある相続が成年被後見人に起こった場合

相談内容 当職が成年後見人になっている方の事案です。 成年被後見人の方には高齢のお母様がおりましたが、先日亡くなられました。 お母様には多額の債務があり、成年被後見人の収入では返済が困難なことは明らかでした。 結果 当職が成年後見人として相続放棄の手続きを行い、無事に相続放棄をすることができました。 コメント  プラスの財産よりもマイナスの財産(債務)が多かったり、関わり合い
続きを読む >>

行方不明の相続人がいるのですが…

相談内容 この度、母が亡くなりました。相続人は、私(長男)を含め、二男、三男、亡長女の長男の合計4名です。 そのうち、10年前に亡くなった長女には、現在35歳になる一人息子がいますが、10年前に亡長女が亡くなって以来、亡母、私達兄弟及び親戚と一切連絡がとれない状態となり、行方不明の状態です。このような場合、亡母の相続手続きを進めるにはどのようにすればいいのでしょうか? 結果 家庭裁判
続きを読む >>

大阪ナンバーの車を譲り受けました。名義変更したいのですが。

事案 大阪ナンバーの車を譲り受けたのですが、自分が住んでいる場所の管轄は姫路になります。名義変更をお願いしたいのですが。 結果 まず車庫証明を取った後、車の名義変更手続きを行い、管轄である姫路のナンバープレートに付け替えることができました。 コメント 自動車を譲り受けた場合、必要な手続きがいくつかあります。 まず、普通車の場合には、車庫証明を取らなければなりません。
続きを読む >>

成年被後見人の方の医療保険金の請求について

相談内容 当職が成年後見人となっている方の事例です。 成年被後見人であるAさんはご自宅で福祉サービスを利用しながら生活されていましたが、ある日、軽い脳梗塞のため入院することになりました。 Aさんは以前から加入している医療保険があり、一定期間入院が継続すれば保険金が支払われる内容の保険でした。 そして、入院期間が一定期間を超えたため、保険金の請求ができそうでした。 結果 当職が
続きを読む >>

亡父の相続手続きに関わりたくないのですが…

相談内容 昨日、姉から「父が2週間前に亡くなりました。葬儀も全て済ませました。父の遺産(不動産及び預貯金)の相続手続きをしたいので、協議書に実印を押して、印鑑証明書とともに、返送して下さい。」という内容の手紙が突然届きました。 協議書の内容は、姉が全ての財産を引き継ぐ旨の内容になっていました。 そもそも、弟である私が中学生の頃、両親が離婚し、姉は父に、私は母に、それぞれ引き取られました
続きを読む >>

遺産分割協議をやり直したいのですが。

相談内容 「10年ほど前に父が亡くなり、父名義の不動産を兄弟で共有とする内容の遺産分割協議をしましたが、それを自分1人の名義とする内容に変更することはできますか?」 結果 相続人全員の合意によって、当時の遺産分割協議書の内容を解除し、再び全員で遺産分割協議をすることで、1人の名義にすることができました。 コメント 遺産分割協議とは、亡くなった方(被相続人)の財産を相続人の中の誰が引き
続きを読む >>

被保佐人が賃貸借契約をするにはどうすればいいのでしょうか?

相談内容 当職が保佐人に就任している事例です。 被保佐人のAさんは長期間入院していましたが、退院することになりました。退院後は、作業所に通いながら一人暮らしをすることになりましたが、Aさんには自宅がなく、住居を借りることになりました。 結果 保佐人がAさんを代理し、賃貸借契約を締結しました。 コメント 成年後見制度には後見、保佐、補助の3つの類型があります。 後見には代理権が
続きを読む >>

父が亡くなった後の手続きについて相談したいのですが…

相談内容 私(女性)は、母、兄とともに3人で生活してきました。兄も私も未婚です。 兄は、重度の身体障害者で、5年前から病院で入院しており、今後も実家に帰宅する見込みはない状態です。私も、身体に障害があり、働くことができない状態です。 先日、母が医師から末期がんの宣告を受けました。余命2ヶ月と言われています。現在、小康状態ですが、いつ状態が悪化するかわからない状態です。 母は、自分
続きを読む >>

建設業許可の更新時期がもうすぐなのですが。

相談内容 「建設業許可を持っているのですが、もうすぐ許可の更新時期を迎えます。どのような手続きが必要でしょうか?」 結果 建設業許可の更新に必要な書類を揃え、許可更新の申請を行い、無事に更新されました。 コメント 建設業許可には有効期間があります。 それは、許可を取得した日から5年間です。 そして、その5年間を過ぎれば自動的に許可が更新されるわけではありません。 許可の更
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
相続、遺言、不動産登記でお困りの方は、梅谷事務所にご相談下さい! 初回専用 0120-555-406
ご相談者様からの声