建設業許可の更新時期がもうすぐなのですが。

相談内容

「建設業許可を持っているのですが、もうすぐ許可の更新時期を迎えます。どのような手続きが必要でしょうか?」

結果

建設業許可の更新に必要な書類を揃え、許可更新の申請を行い、無事に更新されました。

コメント

建設業許可には有効期間があります。
それは、許可を取得した日から5年間です。
そして、その5年間を過ぎれば自動的に許可が更新されるわけではありません。
許可の更新をするためには、有効期間の1か月前までに、許可更新申請の書類を県へ提出する必要があります。
更新の申請をしないまま有効期間を過ぎてしまうと許可が失効してしまうため、新たに許可を取得し直すことになってしまいます。

また、許可を更新する前に県に提出しておくべき書類もあります。
それが、許可を受けてから事業年度が終わる毎に出す必要がある決算変更届です。
許可を受けてから更新をするまで5年間ありますので、その間は必ず毎年決算変更届を提出しなければなりません。
決算変更届を1年でも出していなければ、窓口で更新の申請書類を受け付けてくれません。
ですので、許可の更新に当たっては、毎年の決算変更届が出されていることを確認し、許可の有効期間の1か月前までに余裕を持って手続きを行うようにしなければなりません。

今回のお客様は過去5年間の決算変更届もしっかりと提出されており、有効期間の2か月前にお問い合わせがあったので、問題なく書類の作成・収集・申請を終えることができました。
申請から約3週間で新しい許可通知書も届きましたので、再び許可が5年間有効となりました。

当事務所で新規で許可申請をしたお客様については、毎年の決算変更届及び許可更新の時期を管理し、余裕を持って準備を進めるようにしてまいります。

建設業許可について書類作成でお困りの方は、遠慮なくご連絡をいただければと思います。

相続、遺言、不動産登記でお困りの方は、梅谷事務所にご相談下さい! 初回専用 0120-555-406
ご相談者様からの声