解決事例

公正証書遺言で遺贈された自動車を廃車にしたい

事案 知り合いが亡くなったのですが、生前、自動車を私へ譲るという公正証書遺言を残していました。もっとも、古い自動車だったので、廃車にしたいと考えています。どうしたらいいですか? 結果 解体業者で車を解体した後、ナンバープレートを持って運輸支局へ行き、自動車の移転及び抹消登録を行い、廃車手続きを完了しました。 コメント 譲り受けた自動車を廃車にするためには、移転抹消登録という手続きをす
続きを読む >>

遺言は残していないとのことでしたが・・・

事案 当職が保佐人に就任している方:Aさんが亡くなられました。Aさんの妻:Bさんの保佐人にも当職が就任していました。当職が就任したときにご本人様たち及び周囲の関係者に遺言の有無を確認していましたが、遺言は作っていないとのことでした。しかし、Aさんの死後、自宅の整理をしていた時にAさんが公証役場を利用していた可能性がある書類が見つかりました。 結果 Bさんの保佐人として公証役場でAさんの公
続きを読む >>

行方が分からない相続人がいます

相談内容 「この度、夫が亡くなりました。私たち夫婦は再婚同士で、亡夫には前妻との間に子供がおりますが、かれこれ20年前から音信不通で、健在なのかどうかすらもわかりません。 夫は、自分が亡くなった後私が困らないように遺言書を書いてくれていましたが、認知症になってしまい、自分で遺言書を破って捨ててしまいました。 このような状態で、夫から私へ自宅の名義を変えることはできますか。」 結果
続きを読む >>

遺言の書き直しをしたいのですが…

事案 8年前、公証役場で公正証書遺言を作成しました。 内容は、『夫へ全ての財産を相続させる。』というものでした。 しかし、その後、夫が認知症となり施設へ入所しました。 私も病気がちで入退院を繰り返している状態です。 現在、昔から懇意にしていた甥夫婦に病院への送迎や身の回りの世話をしてもらっています。 「このまま私が亡くなった場合、現在世話になっている甥夫婦に全く財産を渡す
続きを読む >>

医療法人なのですが、平成27年度に改正された医療法に合わせた定款変更をずっとしていませんでした。

事案 「医療法人なのですが、平成27年度に改正された医療法に合わせた定款変更をずっとしていませんでした。どうすればよいでしょうか?」 結果 改正に合わせた定款変更認可申請を行い、定款の目的も変わっていたので、目的変更登記も併せて行いました。 コメント 平成27年9月28日に公布された「医療法の一部を改正する法律」により医療法が改正されました。 これにより、病院については平成
続きを読む >>

成年被後見人宛に「公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」が届きました

事案 当職が成年後見人に就任している方の事案です。 ご夫婦で生活されており、当職がご主人の成年後見人に就任しました。 奥様がご主人の身の回りのことをされていました。 成年後見人就任直後の面談の際、奥様からご主人宛の郵便物を預かり、その中に「公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」という郵便物がありました。 奥様に尋ねてみると、今までも書き方はわからないものの届いたら提出していたと
続きを読む >>

お義父さんの遺言

相談内容 「この度、お義父さん(夫の父親)が亡くなりました。 私は、夫の両親と同居していましたが、数年前にお義母さん(夫の母親)が亡くなりました。 夫には他に兄弟がおりましたが、お義父さんは、私達家族のために不動産を残す旨の遺言を作ってくれていました。しかし、遺言作成後、お義父さんよりも先に夫が亡くなりました。遺言書は、「夫が先に亡くなっている場合は私に遺贈する」という内容になってい
続きを読む >>

代表取締役兼取締役の名前が変わったのですが、何かすることはありますか?

相談内容 「当社の代表取締役たる取締役の名前が変わったのですが、何かすることはありますか?」 結果 『代表取締役たる取締役の氏名変更』の登記を行いました。 コメント 『氏』や『名』を変更するには、家庭裁判所の許可を得た上で、本籍地又は住所地の市区町村に届けることによって、正式に変更となります。 よって、上記手続きを経ずに、勝手に氏名を変更することは出来ません。 ■名の変更
続きを読む >>

個人事業主として現在行っている事業の関係で古物商許可が必要になりましたが、取ることはできるでしょうか?

相談内容 「個人事業主として現在行っている事業の関係で古物商許可が必要になりましたが、取ることはできるでしょうか?」 結果 書類の作成及び必要書類を収集して管轄の警察署へ申請をし、無事に許可を取得することができました。 コメント 個人事業主の方が兵庫県で古物商許可を取得しようとする場合、以下の書類が必要になります。 ①許可申請書 ②最近5年間の略歴を記載した書面 ③住
続きを読む >>

遠方にいる父の成年後見開始申立は依頼できますか?

「現在、長期で入院をしている父が認知症を患っています。その父の兄が亡くなり、相続が発生したのですが、相続人は父のみです。父一人で相続の手続ができないので成年後見制度を利用したいのですが、父の入院先が遠方の場合でも家庭裁判所への申立は依頼できますか?」 結果 書類作成業務を受任し、管轄の家庭裁判所へ成年後見開始申立書類を提出しました。 コメント 当事務所では遠方にお住まいの方の成年後見
続きを読む >>

<< 前の記事を見る 次の記事を見る >>
相続、遺言、不動産登記でお困りの方は、梅谷事務所にご相談下さい! 初回専用 0120-555-406
ご相談者様からの声