成年後見

認知症の叔母の相続手続きを行いたいのですが・・・

相談内容 「叔母の夫が亡くなりました。しかし、叔母は認知症で施設に入所しています。叔母の施設費用が亡夫の通帳からの引落しになっているみたいですが、通帳の残高が少ない状態です。きちんと相続手続きをし、叔母が安心して生活できるようにしたいのですが、どうすればいいでしょうか?」 結果 成年後見開始申立をし、当職が成年後見人に就任しました。 その後、相続関係や相続財産調査を行い、相続手続
続きを読む >>

複数人で成年後見人になれるのでしょうか?

相談内容 「妻が認知症のため財産管理が難しくなっています。夫である私が成年後見人になり財産管理を行いたいのですが、私自身高齢であるため、いつまで成年後見人として動けるか不安です。娘が私の後任になってもいいと言ってくれていますがどのようにすればいいでしょうか?」 結果 申立書に相談者様の事情を記載した結果、相談者様と娘様が同時に成年後見人に選任されました。 コメント 一般的に成年
続きを読む >>

被保佐人や被補助人の判断能力が低下してきた場合

事案 被保佐人の認知症が進行し、判断能力が著しく低下してしまいました。 こういった場合、どうすればよいでしょうか? 結果 家庭裁判所に成年後見開始を申し立てました。 コメント 被保佐人および被補助人の方は判断能力が無いわけではなく、ご自身で判断できることもあります。 しかし、被保佐人や被補助人の方の判断能力が徐々に低下していくことも当然あり、当初ご自身でされていたことができなく
続きを読む >>

成年後見利用に際し、裁判所に提出する診断書について

相談内容 成年後見制度を利用したいのですが、裁判所に診断書を提出しないといけないと聞きました。医師に診断書を書いてもらう時に注意することはありますか? 結果 精神的な障害について診断されていることや知能検査の点数には特に注意が必要となります。 コメント 成年後見等開始申立の際、医師の診断書が必要書類となっています。 主治医に依頼して書いていただくことになると思いますが、書いていただ
続きを読む >>

成年後見等開始申立の申立人に本人はなれますか?

相談内容 施設利用者で成年後見制度の利用を検討している方がいますが、裁判所への申立はご本人様でも可能でしょうか? 結果 ご本人様ご自身で裁判所への申立が可能な場合もあります。 コメント  成年後見制度を利用するためには裁判所へ成年後見等開始申立を行う必要があります。  この申立を行う際に誰が申立人になるかということが問題になることがあります。  申立人になれるのは本人、配偶者、四
続きを読む >>

成年後見人の交代は可能ですか?

相談内容 「私は兄の成年後見人に就任しています。ですが、私自身も高齢になっており、体調もすぐれないため成年後見人を続けることが難しく感じています。私に代って兄の成年後見人をお願いすることはできますか?」 結果 家庭裁判所に成年後見人の辞任及び当職を成年後見人候補者とする選任申立をし、成年後見人を交代しました。 コメント 成年後見人を辞任するには正当な事由があり、かつ、家庭裁判所の許可
続きを読む >>

成年被後見人が相続人になったのですが・・・

事案 当職が成年後見監督人となっている成年後見人の方から相談がありました。 成年被後見人であるA様の親族B様がお亡くなりになられました。 相続人調査の結果、A様も相続人に該当することとなりました。 しかし、A様は、亡くなられたB様と全く面識がなく、相続が発生して初めて親族であることが判明しました。 成年後見人の方より、『A様には十分な財産があるため、相続しなくてもいいようにできません
続きを読む >>

成年被後見人の亡母名義の通帳が出てきました

事案 当職が成年後見人に就任している方の自宅から亡母名義の通帳が出てきました。 結果 金融機関に問い合わせ、預貯金が残ったままになっていることが判明し、相続手続きを行いました。 コメント 成年後見業務を行っていると、思わぬところから通帳が出てくることがあります。 古い通帳になってくると、一見、預貯金が残っているのかが判別できないこともあります。 そのため、梅谷事務所では念のため、
続きを読む >>

空き家の管理は後見人に頼める?

相談内容 「叔母は認知症になっています。そのため、今まで私が叔母の自宅の掃除や管理などを行ってきました。 ただ、私は遠方に住んでいますし、自分の生活があります。このまま叔母の自宅の管理を続けていくのは困難です。後見制度を利用した場合、自宅の掃除もやってくれるんでしょうか?」 結果 梅谷事務所において後見人に就任している場合、自宅の掃除を含めた管理を行っています。 コメント 梅谷事
続きを読む >>

成年後見制度を利用した場合、親族はどの程度関わる必要がありますか?

相談内容 ケアマネさんからのご相談です。 「通帳をなくしたり、お金の管理をするのが難しい方がいます。 ご本人に親戚はいるものの、遠方でご本人の支援をすることが困難です。 成年後見制度を使えるかなと思うのですが、、、。親戚がいる場合も後見制度は利用できますか?また、その親戚にはどの程度関わってもらう必要がありますか?」 結果 成年後見の申立をし、梅谷事務所にて成年後見人に就任
続きを読む >>

<< 前の記事を見る 次の記事を見る >>
相続、遺言、不動産登記でお困りの方は、梅谷事務所にご相談下さい! 初回専用 0120-555-406
ご相談者様からの声