TOP > 相談解決事例 > 売上債権の回収サイトは2ヶ月、給与や経費の支払いサイトは1ヶ月のため、資金繰りが大変です。何とかなりませんか?

相談解決事例

Case

売上債権の回収サイトは2ヶ月、給与や経費の支払いサイトは1ヶ月のため、資金繰りが大変です。何とかなりませんか?

 ご相談のあった会社の社長は、借入金=怖いという意識を強く持っておられました。そのため、上記のような回転差資金を代表者からの借入金により補っており、常に資金繰りの不安を抱えている状態でした。

 また、社長が資金繰りを補填しているため、会社が儲かっているという感覚が全くなく、それなのに税金は発生する、それによってまた資金繰りが大変になる、という悪循環に陥っていました。

 それを解消するために、まずはなぜ資金繰りが大変なのか、資金繰りが大変なのに税金がかかる理由は何か、といったことをきちんと理解していただくために、試算表に加え資金繰り表も作成して、具体的な数字で説明し、しっかり腹落ちしていただきました。

 して、資金繰りが大変な理由は売上債権の回収サイトが長いためで、売上と費用を同期間で対応されるときっちり利益が出ており、健全な会社であることも理解していただきました。

 このような事業においては、回収と支払いサイトのズレに伴う資金を金融機関の借入で補うことは極めて健全であり、そのために金融機関が存在することにほかなりません。

 借入=怖いというイメージを払拭し、適正な借入により資金繰りの不安を解消して経営に専念することこそが経営者の仕事であると、意識を変えていただきました。

 また、利益体質の会社であるために、金利も低く、資金繰りの不安を取り除くための必要経費としては全く問題ないと理解していただきました。

 今では資金繰りの不安もなく、極めていい精神状態で経営に取り組み、業績も右肩あがりの状況です。

その他相談解決事例